愛知県弁護士会 弁護士情報提供サービス

注意事項

 この情報提供サービスへの登録は任意であり、弁護士会所属の全ての弁護士が当サービスに登録しているとは限りません。
 本サービスによって提供される情報は、各弁護士の自己申告に基づくものであり、本サービスを通じてある弁護士のことを知り、その弁護士との間で相談又は法律問題に関する事件処理を依頼された場合におきましても、当会は、その弁護士情報の内容に関しましては、何らの責任を負うものではありません。
 また、当サービスは、弁護士会が特定の弁護士を推薦するものではありません。
 弁護士情報の内容に関しましては、ご自身で直接その弁護士本人に確認される等、十分なご注意をお願いいたします。
 なお、弁護士が様々な事情によって事件の依頼や相談をお受けできない場合があります。また、弁護士によっては、紹介者のない事件の依頼や相談をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承願います。
 本弁護士情報提供サービスは、システムの制約から氏名などを類字で表記する場合があります。

詳細情報

伊藤 勇人(いとう はやと)  登録番号40317  弁護士

事務所所在地 〒4600002 愛知県名古屋市中区丸の内1-14-24 ライオンズビル第2丸の内2階204
事務所名 名古屋ブレイブハート法律事務所
事務所TEL 052-253-8775 事務所FAX 052-253-8776 原資格国名
      性別 男性
出身地 愛知県 名古屋市昭和区
学歴 立命館大学大学院法務研究科修了
法曹以外の資格 税理士業務取扱弁護士(通知税理士),司法書士資格,行政書士資格,旅行業務取扱管理者
外国語能力 英語、中国語(通訳が必要な場合あり)
執務時間 平日6時、土0時30分まで電話応対あり
HPアドレス http://www.horitsu-supporter.jp/ E-mail
取扱業務 不動産取引一般 借地・借家 建築紛争・欠陥住宅(消費者側,業者側を問わず) マンション法に関する紛争 交通事故 医療事故(患者側) 医療事故(病院側) 離婚・親権(親子関係を含む。) 遺言・相続 ドメスティックバイオレンス・ストーカー等 境界・騒音・その他近隣関係の紛争 環境・公害紛争 薬害 金銭貸借(保証を含む。) 国際的家事・相続 その他の外国人の人権 一般刑事 経済事犯 少年事件 会社法一般(株主総会・企業の社会的責任(CSR)・その他会社経営一般) 株主代表訴訟 M&A・企業再編 事業承継 土壌汚染・廃棄物処理等環境汚染に係る問題 個人情報保護 契約法・商取引 債権保全・債権回収 法人倒産(会社破産・会社更生・民事再生・特別清算を含む。) 特許法 商標法 不正競争防止法 著作権法 IT関連紛争 労働事件(使用者側) 労働事件(労働者側) 労災事故 セクハラ・パワハラ 税務(税務訴訟を含む。) 海事一般(船舶事故を含む。)・航空事故 
重点取扱業務 離婚・親権(親子関係を含む。) 遺言・相続 ドメスティックバイオレンス・ストーカー等 その他の外国人の人権 一般刑事 経済事犯 事業承継 契約法・商取引 債権保全・債権回収 労働事件(使用者側) 労働事件(労働者側) 税務(税務訴訟を含む。) 
取扱業務に関する具体的記載(判決紹介を含む)  私は名古屋第一法律事務所のパートナー弁護士です。同事務所は市民法務を扱う法律事務所としては日本最大級の規模を持っています。個人的には、男性の離婚・養育費問題、女性の離婚・養育費問題、相続・遺産分割・生前贈与・ご遺言の作成コンサルタントなど,個人の方々に寄り添った事件解決を心掛けています。
 また,名古屋最大の法律事務所であることを活かし,「中小企業の法律サポーター」として,企業法務(使用者側労働紛争,整理解雇,退職勧奨,債権回収,知的財産チェック,契約書チェック,フランチャイズトラブル等,不動産売買・賃貸借)にも取り組んでいます。
本会又は日弁連における委員会活動歴 愛知県弁護士会紛争解決センター運営委員,愛知県弁護士会労働審判に関する特別委員会委員など
本会又は日弁連の研修の受講履歴 離婚、養育費、税務、相続、下請法、労務管理(懲戒解雇等の実務)
その他の経歴 中小企業家同友会会員,経済産業省後援「ドリームゲートアドバイザーサービス」認定アドバイザー,租税訴訟学会会員
紹介の要否 不要
民事法律扶助の取扱の有無
所感(自由記載)  業務理念として「摩擦を恐れず強き者にも勇敢に挑み、依頼者様の最善の利益を守ること」を掲げております。その名のとおり勇敢な弁護士として中小企業や個人事業主の皆さまのお悩みに寄り添い、ときに盾となりときにパートナーとして、皆さまの法的支援を行うことを目指しております。

 業務処理は、分かりやすさと迅速さを心掛けており、依頼者様の最善の利益を考え、相手方との関係で適切なアプローチは何かを考えることで、マニュアルにとらわれないサービスの提供を目指します。