三重弁護士会 弁護士情報提供サービス

注意事項

 この情報提供サービスへの登録は任意であり、弁護士会所属の全ての弁護士が当サービスに登録しているとは限りません。
 本サービスによって提供される情報は、各弁護士の自己申告に基づくものであり、本サービスを通じてある弁護士のことを知り、その弁護士との間で相談又は法律問題に関する事件処理を依頼された場合におきましても、当会は、その弁護士情報の内容に関しましては、何らの責任を負うものではありません。
 また、当サービスは、弁護士会が特定の弁護士を推薦するものではありません。
 弁護士情報の内容に関しましては、ご自身で直接その弁護士本人に確認される等、十分なご注意をお願いいたします。
 なお、弁護士が様々な事情によって事件の依頼や相談をお受けできない場合があります。また、弁護士によっては、紹介者のない事件の依頼や相談をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承願います。
 本弁護士情報提供サービスは、システムの制約から氏名などを類字で表記する場合があります。

詳細情報

伊藤 誠基(いとう せいき)  登録番号18077  弁護士

事務所所在地 〒5140033 三重県津市丸之内33-26
地図
事務所名 三重合同法律事務所
事務所TEL 059-226-0451代 事務所FAX 059-223-0957 原資格国名
登録年 1982年      
出身地 京都府 京都市
学歴 京都大学法学部卒業
執務時間 9:00~19:00
HPアドレス http://homepage3.nifty.com/miegodo/ E-mail
取扱業務 不動産取引一般 借地・借家 交通事故 その他の事故(学校事故等) 欠陥商品・製造物責任 証券・先物取引被害 詐欺商法・マルチ商法・過量販売等 離婚・親権(親子関係を含む。) 遺言・相続 ドメスティックバイオレンス・ストーカー等 子どもの権利 高齢者・障害者の財産管理,介護,成年後見 高齢者・障害者の虐待・差別問題 精神障害者問題 境界・騒音・その他近隣関係の紛争 金銭貸借(保証を含む。) サラ金,多重債務(債務整理・個人破産・個人再生を含む。) 年金・保険 国際的家事・相続 その他の外国人の人権 一般刑事 経済事犯 少年事件 心神喪失者付添 犯罪被害者の支援 民事介入暴力 株主代表訴訟 事業承継 個人情報保護 契約法・商取引 債権保全・債権回収 法人倒産(会社破産・会社更生・民事再生・特別清算を含む。) 独占禁止法 金融商品取引法等経済特別法 不正競争防止法 IT関連紛争 労働事件(労働者側) 労災事故 セクハラ・パワハラ 公益通報者の支援 行政紛争(住民側) 公的年金・生活保護 水利権 農地法 
重点取扱業務 不動産取引一般 借地・借家 交通事故 その他の事故(学校事故等) 欠陥商品・製造物責任 証券・先物取引被害 詐欺商法・マルチ商法・過量販売等 離婚・親権(親子関係を含む。) 遺言・相続 ドメスティックバイオレンス・ストーカー等 高齢者・障害者の財産管理,介護,成年後見 金銭貸借(保証を含む。) サラ金,多重債務(債務整理・個人破産・個人再生を含む。) 一般刑事 少年事件 犯罪被害者の支援 民事介入暴力 IT関連紛争 労働事件(労働者側) 労災事故 
取扱業務に関する具体的記載(判決紹介を含む) 取り扱い事件は,渉外事件や知的財産権を除いて特に限定はしていませんが,これまで多重債務事件・先物取引・クレジット事件をはじめとした消費者被害事件,破産事件,交通事故,離婚事件,IT関連事件,借地借家(貸主・借主とも),労災事件,労働事件,遺産相続事件などを中心に業務を行ってきました。労災,クレジット,先物取引,悪質商法の分野では社会的に意義のある判決も取得しています。その外,刑事事件,国や自治体を相手方とする事件も取り扱っています。
本会又は日弁連における委員会活動歴 (日弁連)消費者問題対策委員会委員
(弁護士会)人権擁護委員会委員,刑事弁護委員会委員
大学等での教授、講師歴 三重大学人文学部兼任講師(2005年まで)
三重短期大学法経科兼任講師(現職)
著作及び論文名 新・訪問取引110番(全国訪問販売法改正推進協議会・共著)
法律業務のためのパソコン徹底活用BOOK(トール・共著)
ビジネスマンのためのインターネット法律事典(日経BP社・共著)
個人情報保護法Q&A(中央経済社・共著)
紹介の要否 不要
民事法律扶助の取扱の有無
所感(自由記載) 法律は縁遠いものというイメージがありますが,法的紛争だけでなく,ちょっとした法律問題は日常生活や仕事の場面で誰でも直面するものです。しかし,弁護士などの法律家と市民との間には距離があるため多くの方々が法律事務所に足を運ぶのを躊躇されているのが現実です。私の身内,親族には法律家は一人もおりませんので一般市民の方々の感覚を理解しているつもりですが,仕事の中でも絶えず依頼者の方々の生活感覚というものを大切にしながら業務を行ってきました。法律の常識と世間の常識は異なると言われることがありますが,本来はそのようなことがあってはならないとの信念のもとで依頼者の方々と向き合ってきたつもりです。誠実な事件処理,適正な解決を目指して依頼者の方々のご要請に応えていきたいと考えております。