岐阜県弁護士会 弁護士情報提供サービス

注意事項

 この情報提供サービスへの登録は任意であり、弁護士会所属の全ての弁護士が当サービスに登録しているとは限りません。
 本サービスによって提供される情報は、各弁護士の自己申告に基づくものであり、本サービスを通じてある弁護士のことを知り、その弁護士との間で相談又は法律問題に関する事件処理を依頼された場合におきましても、当会は、その弁護士情報の内容に関しましては、何らの責任を負うものではありません。
 また、当サービスは、弁護士会が特定の弁護士を推薦するものではありません。
 弁護士情報の内容に関しましては、ご自身で直接その弁護士本人に確認される等、十分なご注意をお願いいたします。
 なお、弁護士が様々な事情によって事件の依頼や相談をお受けできない場合があります。また、弁護士によっては、紹介者のない事件の依頼や相談をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承願います。
 本弁護士情報提供サービスは、システムの制約から氏名などを類字で表記する場合があります。

詳細情報

市橋 優一(いちはし ゆういち)  登録番号44547  弁護士

事務所所在地 〒5008804 岐阜県岐阜市京町2-2 端元ビル2階
地図
事務所名 端元博保法律事務所
事務所TEL 058-263-1433 事務所FAX 058-263-6697 原資格国名
登録年 2011年 修習期 64期 生年 1985年 性別 男性
出身地 岐阜県 
学歴 慶應義塾大学法学部政治学科中退
慶應義塾大学法科大学院卒業
執務時間 平日:8:30~21:00(事前にご連絡いただければ、土日・祝日・夜間も対応いたします。)
  E-mail
取扱業務 建築紛争・欠陥住宅(消費者側,業者側を問わず) 交通事故 欠陥商品・製造物責任 証券・先物取引被害 詐欺商法・マルチ商法・過量販売等 離婚・親権(親子関係を含む。) 遺言・相続 ドメスティックバイオレンス・ストーカー等 高齢者・障害者の財産管理,介護,成年後見 高齢者・障害者の虐待・差別問題 境界・騒音・その他近隣関係の紛争 金銭貸借(保証を含む。) サラ金,多重債務(債務整理・個人破産・個人再生を含む。) 一般刑事 経済事犯 少年事件 犯罪被害者の支援 民事介入暴力 会社法一般(株主総会・企業の社会的責任(CSR)・その他会社経営一般) 株主代表訴訟 事業承継 契約法・商取引 債権保全・債権回収 法人倒産(会社破産・会社更生・民事再生・特別清算を含む。) IT関連紛争 労働事件(使用者側) 労働事件(労働者側) 労災事故 セクハラ・パワハラ 行政紛争(行政側) 行政・自治体法務 
重点取扱業務 交通事故 離婚・親権(親子関係を含む。) 遺言・相続 高齢者・障害者の財産管理,介護,成年後見 金銭貸借(保証を含む。) サラ金,多重債務(債務整理・個人破産・個人再生を含む。) 一般刑事 経済事犯 少年事件 民事介入暴力 契約法・商取引 債権保全・債権回収 法人倒産(会社破産・会社更生・民事再生・特別清算を含む。) 労働事件(使用者側) 行政紛争(行政側) 
取扱業務に関する具体的記載(判決紹介を含む) ■個人向け業務として主に次のような業務を取り扱っております。
1、夫婦・離婚の問題
 夫(妻)と離婚したい、夫に別居中の生活費・子供の養育費を支払って欲しい、夫(妻)から離婚調停を起こされて困っている、夫(妻)や不倫相手に慰謝料を払わせたい、子供の親権者になりたい、等
2、借金・破産の問題
 債務を整理したい、借金が返せないので自己破産したい、過払い請求ができないか検討したい、等
3、交通事故の問題
 保険会社の対応や提案額に納得できない、交通事故の相手に損害賠償を求めたい、等
4、遺産・相続の問題
 遺言書を書きたい(取消したい)、遺言の内容に納得できない、遺産分割の話し合いがしたい、等

■法人(中小企業)向け業務として主に次のような業務を取り扱っております。
1、契約書等の作成・リーガルチェック
2、売掛金・貸付金の回収
3、労働問題(使用者側)
4、法人破産の申立
5、企業間トラブルの解決
本会又は日弁連における委員会活動歴 民事暴力介入被害者救済センター、消費者問題救済センター、法教育委員会、会館運営員会、広報委員会、業務改革業務広告委員会、司法修習委員会、中弁連ホームページ委員会
紹介の要否 不要
民事法律扶助の取扱の有無
所感(自由記載)  私は、「どなたでも気軽に相談できる弁護士」を目指しております。

 1、紹介はいりません。
 2、平日は夜9時まで対応いたします(土日・祝日・夜間もご相談に応じます。)。
 3、お客様の立場に立ったアドバイスを心がけます。
 4、初回の法律相談は無料です。
 5、相談したから弁護士に依頼しなければならないということはありません。

 弁護士にご相談いただくだけで問題が解決する場合もございますし、解決に至らないまでも解決のための手がかりを見つけることができるはずです。法律の問題かどうか判断するのも法律相談の役目ですので、法律の問題かどうか分からなくても大丈夫です。弁護士費用についても分かりやすく説明します。
 上記の電話番号、電子メールアドレスのいずれからも法律相談のお申し込みを受け付けておりますので、どうぞお気軽に法律相談をお申込み下さい。