岡山弁護士会 弁護士情報提供サービス

注意事項

 この情報提供サービスへの登録は任意であり、弁護士会所属の全ての弁護士が当サービスに登録しているとは限りません。
 本サービスによって提供される情報は、各弁護士の自己申告に基づくものであり、本サービスを通じてある弁護士のことを知り、その弁護士との間で相談又は法律問題に関する事件処理を依頼された場合におきましても、当会は、その弁護士情報の内容に関しましては、何らの責任を負うものではありません。
 また、当サービスは、弁護士会が特定の弁護士を推薦するものではありません。
 弁護士情報の内容に関しましては、ご自身で直接その弁護士本人に確認される等、十分なご注意をお願いいたします。
 なお、弁護士が様々な事情によって事件の依頼や相談をお受けできない場合があります。また、弁護士によっては、紹介者のない事件の依頼や相談をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承願います。
 本弁護士情報提供サービスは、システムの制約から氏名などを類字で表記する場合があります。

詳細情報

河端 武史(かわばた たけし)  登録番号33479  弁護士

事務所所在地 〒7000821 岡山県岡山市北区中山下1-10-10 新田ビル7階
地図画像
事務所名 河端法律事務所
事務所TEL 086-238-5473 事務所FAX 086-238-5483 原資格国名
登録年 2005年 修習期 58期 生年 1978年 性別 男性
出身地 岡山県 
学歴 平成13年3月:神戸大学法学部卒業
法曹以外の資格 平成12年11月:司法書士試験合格
平成14年12月:マンション管理士試験合格
執務時間 9:00-18:00
HPアドレス http://www7b.biglobe.ne.jp/~kawabata-lo/index.html  
取扱業務 不動産取引一般 借地・借家 建築紛争・欠陥住宅(消費者側,業者側を問わず) マンション法に関する紛争 交通事故 医療事故(病院側) その他の事故(学校事故等) 欠陥商品・製造物責任 証券・先物取引被害 離婚・親権(親子関係を含む。) 遺言・相続 高齢者・障害者の財産管理,介護,成年後見 薬害 金銭貸借(保証を含む。) サラ金,多重債務(債務整理・個人破産・個人再生を含む。) 一般刑事 民事介入暴力 会社法一般(株主総会・企業の社会的責任(CSR)・その他会社経営一般) 株主代表訴訟 M&A・企業再編 事業承継 個人情報保護 契約法・商取引 債権保全・債権回収 法人倒産(会社破産・会社更生・民事再生・特別清算を含む。) 独占禁止法 金融商品取引法等経済特別法 IT関連紛争 労災事故 公益通報者の支援 行政紛争(行政側) 行政・自治体法務 税務(税務訴訟を含む。) 農地法 
重点取扱業務 建築紛争・欠陥住宅(消費者側,業者側を問わず) 交通事故 欠陥商品・製造物責任 証券・先物取引被害 離婚・親権(親子関係を含む。) 遺言・相続 高齢者・障害者の財産管理,介護,成年後見 サラ金,多重債務(債務整理・個人破産・個人再生を含む。) 公益通報者の支援 
取扱業務に関する具体的記載(判決紹介を含む) 事業者の方、企業・団体の法律顧問や、離婚、遺言・相続、交通事故、債務整理といった一般的な事件はもちろんのこと、製品事故被害・金融商品取引被害などの消費者事件や、不動産・登記・建築に関する事件、成年後見事件も取り扱っています。

幅広い分野の事件に対応しておりますが、特に消費者事件については、日弁連消費者問題対策委員会委員、消費者ネットおかやま検討委員会委員長として、先進的な取り組みを行っています。また、司法書士資格を保有しており、不動産や登記、建築に関わる事件にも注力しています。

講師・講演のご依頼もお受けしております。
本会又は日弁連における委員会活動歴 日弁連消費者問題対策委員会委員(平成24年4月~)
日弁連消費者問題対策委員会副委員長(平成26年6月~平成28年5月)
岡山弁護士会消費者委員会委員長(平成24年4月~平成26年3月)
大学等での教授、講師歴 岡山大学法科大学院非常勤講師(消費者法)
その他の経歴 消費者ネットおかやま事務局長理事・検討委員会委員長(平成24年6月~)
紹介の要否 不要
民事法律扶助の取扱の有無
所感(自由記載) 事前にご予約いただければ時間外・休日でも対応可能です。経験豊富で専門性のある弁護士として、開業以来多くの方にご利用いただいております。法テラスの法律扶助制度も利用可能です。

ご相談・打合せの際は、できる限り丁寧でわかりやすい説明を心がけており、依頼者の方のご希望にも添いながら、事件の解決に必要となる費用・期間やリスク、それにより得られる経済的利益のバランスを考えた最善の事件処理を目指しています。初回のご相談の際には、十分にご事情をお伺いし、アドバイスをさせていただけるよう、最低でも2時間前後の相談時間を確保できるように努めております。弁護士費用については、不明朗な追加費用や預り金が発生することのないよう適切な見積もりと会計を行っております。

法的紛争の解決や予防でお悩みの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。