神奈川県弁護士会 弁護士情報提供サービス

注意事項

 この情報提供サービスへの登録は任意であり、弁護士会所属の全ての弁護士が当サービスに登録しているとは限りません。
 本サービスによって提供される情報は、各弁護士の自己申告に基づくものであり、本サービスを通じてある弁護士のことを知り、その弁護士との間で相談又は法律問題に関する事件処理を依頼された場合におきましても、当会は、その弁護士情報の内容に関しましては、何らの責任を負うものではありません。
 また、当サービスは、弁護士会が特定の弁護士を推薦するものではありません。
 弁護士情報の内容に関しましては、ご自身で直接その弁護士本人に確認される等、十分なご注意をお願いいたします。
 なお、弁護士が様々な事情によって事件の依頼や相談をお受けできない場合があります。また、弁護士によっては、紹介者のない事件の依頼や相談をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承願います。
 本弁護士情報提供サービスは、システムの制約から氏名などを類字で表記する場合があります。

詳細情報

赤沼 洋(あかぬま ひろし)  登録番号29876  弁護士

事務所所在地 〒2500011 神奈川県小田原市栄町2-1-27 山正ビル4階
地図
事務所名 早雲法律事務所
事務所TEL 0465-44-4777 事務所FAX 0465-44-4466 原資格国名
登録年 2002年 修習期 55期 生年 1978年 性別 男性
出身地 神奈川県 
学歴 早稲田大学法学部(2000年卒業)・司法研修所(2002年修了)
法曹以外の資格 簿記2級・世界遺産検定3級
HPアドレス http://souun-law.com/  
取扱業務 不動産取引一般 借地・借家 建築紛争・欠陥住宅(消費者側,業者側を問わず) マンション法に関する紛争 交通事故 医療事故(患者側) その他の事故(学校事故等) 欠陥商品・製造物責任 証券・先物取引被害 詐欺商法・マルチ商法・過量販売等 離婚・親権(親子関係を含む。) 遺言・相続 ドメスティックバイオレンス・ストーカー等 子どもの権利 高齢者・障害者の財産管理,介護,成年後見 高齢者・障害者の虐待・差別問題 精神障害者問題 境界・騒音・その他近隣関係の紛争 環境・公害紛争 薬害 金銭貸借(保証を含む。) サラ金,多重債務(債務整理・個人破産・個人再生を含む。) 年金・保険 一般刑事 経済事犯 少年事件 心神喪失者付添 犯罪被害者の支援 民事介入暴力 会社法一般(株主総会・企業の社会的責任(CSR)・その他会社経営一般) 株主代表訴訟 M&A・企業再編 事業承継 土壌汚染・廃棄物処理等環境汚染に係る問題 個人情報保護 契約法・商取引 債権保全・債権回収 法人倒産(会社破産・会社更生・民事再生・特別清算を含む。) 独占禁止法 金融商品取引法等経済特別法 特許法 実用新案法 意匠法 商標法 不正競争防止法 著作権法 エンタテインメント法(芸能人・スポーツ選手などとの契約関係等) IT関連紛争 労働事件(使用者側) 労働事件(労働者側) 労災事故 セクハラ・パワハラ 公益通報者の支援 行政紛争(住民側) 行政紛争(行政側) 行政・自治体法務 税務(税務訴訟を含む。) 公的年金・生活保護 温泉に関する権利 漁業権 水利権 農地法 
重点取扱業務 不動産取引一般 借地・借家 交通事故 離婚・親権(親子関係を含む。) 遺言・相続 ドメスティックバイオレンス・ストーカー等 高齢者・障害者の財産管理,介護,成年後見 金銭貸借(保証を含む。) サラ金,多重債務(債務整理・個人破産・個人再生を含む。) 会社法一般(株主総会・企業の社会的責任(CSR)・その他会社経営一般) 契約法・商取引 債権保全・債権回収 労働事件(使用者側) 労働事件(労働者側) 
取扱業務に関する具体的記載(判決紹介を含む) 東京高等裁判所平成18年12月26日判決(労働判例931号30頁),東京地方裁判所平成17年5月26日判決(労働判例899号61頁)
本会又は日弁連における委員会活動歴 第二東京弁護士会人権擁護委員会委員(2002年~2013年)・横浜弁護士会県西支部研修委員会委員(刑事弁護部会長・2013年~)
本会又は日弁連の研修の受講履歴 倫理研修など所定の研修やその他法律問題に関する研修を積極的に受講・履修しております。
大学等での教授、講師歴 早稲田大学法職課程教室講師(2006年~2007年)
その他の経歴 経済産業省商務情報政策局取引信用課課長補佐(2009年)・日本政策投資銀行法務部(2006年~2007年)・法テラス扶助審査委員(2015年~)
著作及び論文名 「新会社法の読み方-条文からみる新しい会社制度の要点」(共著・金融財政事情研究会)
「ANALYSIS公開買付け」(執筆協力・商事法務)
「民法改正ワーキング・グループによる債権法改正に係る意見書(中間論点整理)の概要」(流動化・証券化協議会)
紹介の要否 不要
民事法律扶助の取扱の有無
所感(自由記載) 弁護士となって14年目を迎えましたが、弁護士としていつも心がけていることは、弁護士の仕事の目的というのは、つまるところ、縁あって私にご相談いただいたお客様が、私にご相談いただくことで、ご相談される前よりも少しでも悩みや不安といったマイナスの感情から解放されて笑顔となるような手助けをすることにあるということです。また、その目的のために、お客様のお話を懇切丁寧にうかがうことによりお客様の悩みを共有することと、法律の難解な説明をするのではなくお客様の悩みに対する具体的な解決法やその選択肢を分かりやすく提示することを心がけております。
どんなお悩みでも遠慮なさらずに、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。