弁護士向け 求人情報詳細表示(法律事務所用)

更新日 2018/12/12
[基本情報]
事務所名 トップコート国際法律事務所
協力事務所としての
登録の有無
 
弁護士法人としての
届け出の有無
従たる事務所の有無
所属弁護士会 東京 
住所 郵便番号 150-0001
住所1(番地まで) 東京都渋谷区神宮前1-5-8
住所2(ビル・マンション名) 神宮前タワービルディング13F
事務所HPアドレス http://topcourt-law.com/blog
申請責任者 伊澤文平 登録番号 50996
採用担当者 山田政樹 ふりがな やまだまさき
電話番号 03-6635-2710 FAX番号 03-4333-7288
メールアドレス
事務所
の構成
弁護士数
(日本資格のみ)
2名   男性:2名   女性:名  
パートナー
経営者の構成
修習期:62期〜67期   男性:2名   女性:名  
アソシエイト・
勤務弁護士の構成
修習期:期〜期   男性:名   女性:名  
事務職員数 3名
その他の有資格者 資格の名称・人数:公認会計士(1名)
取扱事件 会社法一般(株主総会・企業の社会的責任(CSR)・その他会社経営一般)  株主代表訴訟  M&A・企業再編  事業承継  個人情報保護  契約法・商取引  債権保全・債権回収  法人倒産(会社破産・会社更生・民事再生・特別清算を含む。)  独占禁止法  金融商品取引法等経済特別法  特許法  実用新案法  意匠法  商標法  不正競争防止法  著作権法  エンタテインメント法(芸能人・スポーツ選手などとの契約関係等)  IT関連紛争  労働事件(使用者側)  税務(税務訴訟を含む。)  国際的商取引  外国法関連 
その他取扱事件の特色等
(自由記載 400字以内)
【企業法務特化】
弊所は「企業法務に特化」した法律事務所で、ブロックチェーン企業やITベンチャー企業、ICOのコンサルティング業務を中心として、多数の顧問先を抱えております。
顧問先の中には、ベンチャーキャピタル(VC)らから数億〜数十億円の資金調達したIOTの企業などもいます。
Airbnbに代表される「シェアリングエコノミー」や「AI」などの「新規事業」に関するご相談を多数いただきますので、最先端のビジネスモデルと未開拓の法務技術を先取りして修得できます。
他方で、上場企業との間の株主代表訴訟その他、企業間紛争の案件があるのも特徴の一つです。最先端の高度な知識と技術が求められますし、四大や外資系法律事務所所属の弁護士とも闘うことになるため、見てくれや経歴に臆さないマインドと卓越した交渉力も求められます。
執務条件 執務日 月〜金
平日事務所内
勤務時間
固定執務時間制採用
休暇 夏期休暇:  冬期休暇:
出産休暇:  育児休暇:
個人事件
の受任
受任
受任時の
設備使用
受任時の
経費分担
分担なし
弁護団事件 不可
事務所アピール・特色・
将来像・求める人材等
(自由記載 400字以内)
【事務所アピール・特色】
・業界では数少ない「企業法務に特化」した、少数精鋭の法律事務所
・「ICO」「ブロックチェーン」「AI」などの「最先端企業法務」に注力
・代表は、VCから資金調達に成功したITベンチャー企業(https://enjin-classaction.com/)の経営者でもある
・一般企業法務はもちろん、ICOコンサルティング、ブロックチェーン・AIベンチャーへのリーガルアドバイス など、レアリティの高い案件のノウハウを学べる
・日経新聞に載るような企業間紛争案件も扱える
・表参道のオシャレなオフィスでの勤務
・残業を強制するような古い文化はない
・とはいえ、先輩後輩・礼儀を重んじるなど、温故知新の精神を重視
・分からないことがあれば丁寧に共有し、助け合う文化

【将来像・求める人材】
貪欲に弁護士としてのスキルアップを望み、共に上を目指す気概と誠実さを兼ね備えた先生を希望します
[弁護士向け求人]
掲載終了日 2018年 12月 31日
採用予定人数 1名
採用予定者の
弁護士経験年数
不問
1年以上3年未満 1名
3年以上5年未満 1名
5年以上10年未満 1名
10年以上 1名
応募資格 得意分野 会社法一般(株主総会・企業の社会的責任(CSR)・その他会社経営一般)   株主代表訴訟   M&A・企業再編   事業承継   土壌汚染・廃棄物処理等環境汚染に係る問題   個人情報保護   契約法・商取引   債権保全・債権回収   法人倒産(会社破産・会社更生・民事再生・特別清算を含む。)   独占禁止法   金融商品取引法等経済特別法   特許法   実用新案法   意匠法   商標法   不正競争防止法   著作権法   エンタテインメント法(芸能人・スポーツ選手などとの契約関係等)   IT関連紛争   労働事件(使用者側)   労働事件(労働者側)   労災事故   セクハラ・パワハラ   公益通報者の支援   国際的商取引   外国法関連  
語学能力 英語、中国語などの外国語が堪能であればベストですが、この点の能力が乏しくても特段問題ありません。
その他(自由記載)
待遇 給与 給与制
弁護士会費の
事務所負担
あり
その他条件
(自由記載)
・年収:600万円~(※ただし、能力により増減)
・過去支給実績:弁護士4年目で1200万円
・弁護士会費は事務所負担
・能力と成果次第で、給与は増加していきます。年功序列的な古い考え方は一切ございません。 ただし、温故知新の精神は大切にしています。
採用方法等 募集期間 あり (2018年 10月 1日 〜  2018年 12月 31日)
応募方法
問い合わせ方法
eメール メールにて、以下のとおり、ご応募ください。 (1)宛先:採用事務局 三井康史 、(2)アドレス:office@topcourt-law.com
必要書類等 その他 メールにて、前記採用事務局宛、以下の書類をPDF化したものを添付してご応募ください。 (1)履歴書(兼職務経歴書)※顔写真付き 、(2)司法試験の成績(短答+論述)
選考方法 3段階で審査させていただきます。
【1次審査】書類審査
 お送りいただいた必要書類を拝見し、1次審査を実施いたします。
 審査のポイントとしては、以下の点を重視しております。
 (1)経歴や試験の成績から推知される知性、(2)職務経験から推知される実務能力、(3)トップコートへの入所を希望する理由が明確であること、(4)志望理由から推知される熱意(1~4は、いずれも掛け算の関係にあります。)

 1次審査実施後、原則として7日以内に、合否のご連絡をメールにて行います。合格者は、次の2次審査(ご面談)に進みます。
  
【2次審査】ご面談
 必要書類をベースにして、応募者様と採用担当弁護士にて30分程の面談を実施いたします。
 審査のポイントとしては、以下の点を重視しております。
 (1)言動から推知される知性、(2)職務経験の詳細を伺い、内容が充実しているか、(3)コミュニケーションに難がないか、(4)キャラクターが面白くウィットに富んでいるか(1~4は、いずれも掛け算の関係にあります。)

2次審査実施後、原則として7日以内に、合否のご連絡をメールにて行います。合格者は、次の3次審査(会食)に進みます。


【3次審査】会食
 応募者様と採用担当弁護士・代表弁護士とで、会食をさせていただきます。ここでの審査は、「審査」というよりも、お互いのフィーリングの確認と、本音トークをし合う場という位置づけです。
 
3次審査実施後、原則として7日以内に、合否のご連絡をメールにて行います。その後合格者は、入所時期や採用条件等の詳細をメールや電話等でやりとりを行い、所定の入所時期からの出社となります。